子猫キャットフード

子猫の餌キャットフードドライフードおすすめ通販人気ランキング最新版

猫ブームですね。特に子猫が大人気です。見ているだけで癒されてしまいます。犬も相変わらずの人気ですが、やはり猫が今はブームで、ペットショップには色々な猫の餌が用意されています。子猫の餌ってドライフードで大丈夫なのか、それともウェットタイプの餌が良いのか分からない人いませんか。

 

どちらもメリット、デメリットはあります。それを踏まえておすすめの子猫の餌をご紹介します。
まずウェットタイプのフードについては、水分が多いというのが特徴です。そして低カロリーのものが多い傾向なので、太りにくいです。子猫の時に沢山食べておデブ猫になっちゃったという話は良く聞きますので、子猫には低カロリーで高たんぱくな餌を与えたいですね。

 

個別にパックされているタイプは衛生的です。個別パックなら色々購入して味の変化も楽しませてあげる事ができます。

 

ただし栄養バランスを見ると、少し偏っているものも多いのが現状です。成長期の子猫にとって栄養バランスは大事です。そこでドライフードを見てみると、栄養バランスが優れているだけでなく、すべての年齢において食べる事ができるというフードもあります。

 

それがこれからご紹介するキャットフードです。まずおすすめの1位はカナガンキャットフードです。海外製なので不安という声もあるかもしれませんが、獣医さんおすすめのフードで原材料を見れば不安が無くなります。人口添加物は使われていません。

 

グレインフリーの高たんぱくであることが特徴です。これならおデブちゃんになるのも防げます。
たんぱく質は鶏肉が原料になっています。お肉が苦手な猫ちゃんは次におすすめの商品が良いでしょう。

 

おすすめの2位はシンプリーキャットフードです。こちらももちろんグレインフリーで高たんぱくです。たんぱく質が魚に変わります。サーモンにマス、ニシン、白見魚を使用しています。これならお肉がダメという猫ちゃんも安心です。色々なお魚を混ぜているのでそれぞれの旨みがぎゅっと凝縮されています。まずは公式サイトをご覧ください。

 

子猫の餌キャットフードドライフードおすすめ通販人気ランキング最新版

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

カナガンキャットフードは「美味しい」「無添加」「アレルギー対策に」おすすめです

安心のグレインフリー(穀物不使用)&人工添加物不使用
カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる安心食材です。 ◎平飼いチキン生肉をたっぷりタウリンもはいってます ◎数十種類の野菜と果物を贅沢に使用 ◎マリーゴールドやカモミールなどのハーブをブレンド 使用している原材料はすべて安心のイギリス産。
3960円

シンプリーキャットフード

世界中の愛猫家たちに選ばれているのが、 動物栄養学者と共同開発された 『シンプリーキャットフード』。

グレインフリーで愛猫が喜ぶ美味しさです。サーモン、ニシン、マスなど高タンパク質。他にもクランベリーに含まれるキナ酸は、体のコンディションを安定させ、オリゴ糖は食物繊維が豊富で、スッキリをサポートします。また、猫にとって消化が難しい穀類を使用しないグレインフリーレシピとともに、腹持ちがよく消化率の高いサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、愛猫の健康維持をサポートします。
1.5kgで3960円

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード モグニャンは「安心のグレインフリー(穀物不使用)&人工添加物不使用です

白身魚、りんご、サーモンオイルなどがはいってます
・プレミアムキャットフード「モグニャン」\3,960 (1.5kg)

ジャガーキャットフード

ジャガー2

ジャガーはチキンや鶏肉、サーモン、マスなど肉と魚を惜しみなく使い、
動物性タンパク質80%以上の食事を実現しました。
偏食気味の猫ちゃんでも、とびきり喜ぶ贅沢レシピです
定期便で3852円

猫の餌キャットフードおすすめ通販人気ランキング最新版はここから